ムカデ駆除他

クロアリ

●クロアリは害虫ですか?

シガ防虫ではクロアリ対策の依頼も非常に多くあります。
 
さて、クロアリは害虫でしょうか?
 
害虫とひとくちに言ってもハエやカ、ノミのように伝染病を媒介して人の健康に直接被害を与える「衛生害虫」、シロアリのような「木材害虫」、野菜につくアオムシなど「農業害虫」、他にも「衣類害虫」「食品害虫」「文化財害虫」などいろんな種類があります。
そして人の精神にダメージを与える「不快害虫」というものもあります。
 
クロアリ

「不快害虫」とは言葉のとおりで、外見や動きが気分を害する不快なムシのことです。
クロアリは道で見かけても気にならないかもしれませんが、室内や寝床に大量にあがってきたら不快で我慢できない人の方が多いと思います。
不快なだけで駆除をするのか、という人がいたらお前はムシが這い回る中で寝ることができるのかと言ってやってください。
 
クロアリだけでなく「ゲジ」や「ヤスデ」なんかも「不快害虫」です。
自然界で暮らすムシは決してむやみに駆除してはいけませんが、人のテリトリーをおかしてくるムシはコントロールする必要があります

クロアリの害 

●害虫としてのクロアリ

クロアリは「不快害虫」と述べましたが、実はそうばかりでもありません。
 
農業害虫のアブラムシやカイガラムシと共生関係にあり、彼らを外敵から守るので農作物への影響がでることがあります。又、ハチとは近い仲間なので針を持つ種類や、噛み付いてくる大型種もあります。
 
最近大きな問題になっているのが「アルゼンチンアリ」「ヒアリ」です。
 
アルゼンチンアリは元々日本にはいなかった種類ですが、近年になって入り込み勢力を広げています。
群れを作って移動し、侵入したエリアで在来種のクロアリを攻撃して土地を乗っ取ってしまうので「生態系」の影響がでています。

※こんなことも含めて生態系かもしれませんが‥

 料亭で客席に運ぶ料理を置いておいたら30分程で真っ黒にたかっていた……、窓を開けるとすぐに大群が入り込む……、多発しているところでは不動産が売れない……、などの産業被害も大きな問題になっています。
 
ヒアリは南米原産の毒針を持つアリです。
2017年に入ってから日本国内で発見されました。
今のところ身近な場所では発見されていないようですが、今後は勢力を広げてくる可能性があるので要注意です。


お困りのときはご相談ください。お力になります。
 
 

CONTACT

株式会社シガ防虫
まずは気軽にお問い合わせください。
調査は土曜・日曜も対応しております。
 
電話受付時間:平日9:00〜18:00
お問い合わせフォームは24時間いつでも受け付けています。
 
 
0120-ムシ-ハチゴキブリ-シロアリ